香典の金額相場は?偶数がNGなワケと知っておきたいマナーとしきたり

スポンサーリンク

香典の金額は、故人との関係性の深さによって変わってきます。

香典は、故人にお供えする線香やお花代の代わりになります。

このページでは、香典の金額の相場、偶数がいけないと言われる訳などをまとめました。

香典の金額の相場は?

香典の金額相場は、故人との関係性の深さによって以下のように異なります。

 

・勤務先の上司、同僚などの仕事関係の場合…3,000~10,000円

・身内・親族の場合…30,000~50,000円

・親(両親、義父母)の場合…30,000~100,000円

 

金額に開きがあるのは、年齢でも香典を包む相場がことなるから。

つまり、20代で葬儀に参列する場合と、40代以上で参列する際には

金額が変わってくる、ということです。

香典の金額偶数がNGなワケは?

偶数は2で割り切れる数。

これは、故人とこの世のつながりが切れてしまう、ということから

縁起が悪いと言われています。
また2という数字は重なる、という意味合いから

連鎖する、不幸が重なる、などと言われ、

葬儀などでは避ける数字と理解しておきましょう。

香典袋の表書きは迷ったら御香典で間違いなし

香典袋の表書きには

御香典の他にも、御霊前、御仏前などもありますが、

これらは、宗派によっても使い分けが違うもの。

一般的には御仏前は四十九日を過ぎてから

使うと言われますが、宗派によっても異なるので

迷ったときには御香典で間違いなし。
御香典は故人の霊にお供えする金品全般を指すので、

いつ使っても間違いということはありません。

御香典に新札は使わない

最後に、御香典には新札は使わないという作法について。

これは、新品のお札を入れることで、

あらかじめ不幸を予期していた、ということに繋がるとの意味合いから、

御香典には新札を入れないという作法があります。
手元に新札しかない場合には、

あえて二つ折りにして、折り目を付けたものを入れるのが正しい作法。
日本人のこまやかな心遣いが感じられます。
また御香典の袋の中袋にお札を入れる際には

裏返しにして、肖像画を下向きに入れるのも細やかなマナーです。
ここまでできると、完璧な大人ですね。

お世話になった方への気持ちを表す御香典。

小さな気配りを大切に、その気持ちを伝えたいですね。

まとめ

御香典の金額相場は、故人との関係、また参列する方の年齢でも異なります。

金額は、割り切れることない奇数で。

御香典の表書きは、お通夜や葬儀、四十九日と変えなくてはいけないのか、

と迷ってしまうこともあるでしょう。

宗派によっても違いはあるものの、迷ったときには「御香典」で間違いありません。

細やかな作法で、お世話になった故人に感謝の気持ちを伝えたいですね。

お葬式の際の服装など詳しくはこちらにまとめています。

↓   ↓   ↓

この差って何ですか?2月26日お葬式のしきたり。恥をかかないための葬儀の常識!

スポンサーリンク

コメントを残す

Captcha loading...
サブコンテンツ

このページの先頭へ