【発酵あんこ】砂糖不使用、健康とダイエットに最強あんこレシピ!

スポンサーリンク

あんこの健康効果は今大注目を集めています。

以前「主治医が見つかる診療所」では

砂糖を使わない発酵あんこが話題に!
発酵させることで、

通常のあんこよりもさらに

健康効果、ダイエット効果が期待できるのだとか!
炊飯器で作ることができる手軽さで、

手作りする人も増えています~。(*´▽`*)

このページでは、発酵あんこの魅力とレシピ、お伝えします。

スポンサーリンク

発酵あんことは?

発酵あんことは、

砂糖を使わず、

小豆と米麹だけを使って作る

自然のほんのりした甘みがおいしいあんこのこと。

普通、家であんこを煮る時には、

大量の砂糖を使うので、

作っているときは、こんなに砂糖を食べるのか(-_-;)

と若干あせってしまいます。(食べる時は忘れます(笑))
家で作るあんこがこんなに砂糖を使っているのだから、

市販のあんこってもっといっぱい使ってるんだろうな~

と、少々気にはなっても、

あんこ好きにはやめられないおいしさ。

特に最近、あんこの健康効果が

注目を集めて、

「健康にいいんだよっ」と大義名分もできて…。

が、必ず「糖分もあるので食べ過ぎはいけません!」

と言われるんですけどね。

でも、この発酵あんこなら、

発酵力による自然の甘さ。

砂糖の糖分も気にすることなく、

あんこを楽しめるのです!

発酵あんこの健康効果&ダイエット効果

発酵あんこに含まれる栄養素ごとに解説していきます!

サポニン

サポニンは、利尿作用があることで知られる成分。

体の中の塩分も排出しやすくしますので、

浮腫みが気になる女性の味方!

血液もサラサラに~。

ポリフェノール

もう、ポリフェノールって聞いただけで

美しくなる気がします(*´▽`*)

抗酸化作用の高いポリフェノール。

あんこには赤ワインよりも多く含まれています。

体のサビ、酸化を防ぐ働きのポリフェノールは、

アンチエイジング効果抜群!

鉄分

女性に不足しがちな鉄分を多く含んでいるのも

あんこの大きな魅力。

おいしくて鉄分も補給出来たら最高です。

鉄分は冷え性、貧血を改善してくれます。

食物繊維

あんこは食物繊維が大変豊富。

発酵あんこはつぶあんのままなので、

皮も一緒にいただくため

あんこの食物繊維はまるごと摂取出来ます。
あんこの食物繊維は

水溶性、不溶性のどちらも含むので、

腸の環境を整えながら、

どっさり便を出す効果ができます。

善玉菌

これは、発酵させたからこその効果。

発酵食品である米麹には

善玉菌がたくさん!

腸内環境を整える作用は、食物繊維とダブルの効果です。

便秘も解消し、美肌効果も期待できます。

ビタミンB1

あんこを食べても太らないと言われるのが

このビタミンB1のおかげ。

糖質の代謝を促して

疲労回復の効果も期待できます。

米麹にも糖質が含まれますが、

小豆のビタミンB1効果で糖質の代謝を高めてくれるので、

米麹と小豆はベストな組み合わせと言えるでしょう。

発酵あんこレシピ炊飯器で簡単に!

では、さっそく発酵あんこレシピいきましょう~。

【材料】

・小豆 200g

・水 3~4カップ

・塩 小さじ1/2弱

・米麹(乾燥) 200g(小豆と同量)

・水 適量(様子をみて調整する)

【作り方】

①小豆をサッと洗ったら、鍋に入れたっぷりの水を入れ火にかける。

②沸騰したら5分くらい茹で、ザルにあげる。(小豆の渋さをとるにこぼし、という工程ですね)

③鍋に②と水3カップを入れて、小豆が柔らかくなるまで60分ほど煮る。

④米麹を手でほぐし、と②の茹でた小豆を炊飯器に入れ、お湯60℃をひたひたになるまで入れる。

⑤濡れた布巾をかけ、炊飯器の蓋は開けたままで8時間保温で出来上がり!
(2~3時間ごとに様子を見て、かき混ぜ、水分が足りないときは60℃のお湯をたす)

炊飯器の保温で出来るなんて、

ご家庭でもトライしやすいですね(^^)

便利なキットもあります。お試しあれ!

↓   ↓   ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森田農場 中級編 発酵あずき挑戦キット
価格:8400円(税込、送料無料) (2019/2/21時点)

楽天で購入

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

Captcha loading...
サブコンテンツ

このページの先頭へ