世界一受けたい授業!2月9日下肢静脈瘤の予防体操を紹介!

世界一受けたい授業!2月9日では、

足の血管がボコボコと浮き出て見た目も美しくない下肢静脈瘤を取り上げます。

下肢静脈瘤、お悩みの方も多いのではないでしょうか?

なぜ、下肢静脈瘤はできるのか?

中年女性に多い?

若い人でも注意が必要?

今回の授業では、その原因や改善策、

予防体操をご紹介!

下肢静脈瘤とは?

足の血管がぼこぼこと浮き出てしまう下肢静脈瘤。

とても身近な病気です。

今まさに悩んでいる、

家族が下肢静脈瘤だ、

という方も多いかもしれませんね。

 

血管が浮き出てくるという症状があるだけで

生命を脅かすような危険性もありませんし、

激痛を伴う訳でもありません。

 

主な症状は、足のだるさ、疲れやすさ、

浮腫み、こむら返りなど。

重症化すると湿疹ができたり、

色素沈着などのうっ滞性皮膚炎が

皮膚潰瘍になってしまうこともあるようです。

 

しかしながら下肢静脈瘤の最も大きな悩みは

軽症でも足の血管が浮き出ることで

その外見にあります。

下肢静脈瘤の原因は?

なんとなく、立ちっぱなしの仕事の女性に多い、

というイメージがありますが、

下肢静脈瘤の原因は何なのでしょうか?

下肢静脈瘤は、女性に多く見られ、

立ち仕事、加齢、肥満が増悪因子とも言われています。

妊娠や、出産を機に発症することも多いようです。

 

職業では調理師さんや美容師さんに多く見られるといわれていますが、

スーパーなどでのレジ打ちなども、

小さなスペースで立ちっぱなし、

動きが少ない状態で長い時間を過ごす職業で

発症することが多く見られます。

 

正常な足の静脈であれば、

立ちっぱなしの状態でも

重力に逆らって血液が心臓に戻りますが、

下肢静脈瘤では

静脈の中にある逆流防止弁の機能が

上手く働かずに、血液が逆流してしまいます。

 

これにより、血液が足の静脈に溜まり、

コブができてしまう、これが下肢静脈瘤の原因です。

 

下肢静脈瘤は予防できる?

下肢静脈瘤は、

美容師さんや調理師さん、

スーパーでのレジ打ちなど

動きの範囲が狭く立ちっぱなしの仕事の

いわば、職業病のようにとらえられることもありますが

実は、だれでもなる危険性があります。

 

運動不足や肥満でも引き起こされる可能性がある下肢静脈瘤は、

若い人でもなる可能性はあります。

では、予防法があるのでしょうか?

運動不足の解消

長時間の立ち仕事、

長時間の座りっぱなしの仕事も

また下肢静脈瘤を誘発します。

 

同じ姿勢で長時間いることを避け、

意識的に足踏みをする、

休憩の時には足を高くあげる、

マッサージをするなど

日常でも改善が期待できます。

 

下肢静脈瘤の原因である

心臓に血液が戻りにくくなるという

ことを理解していれば、

意識的に足を動かして、

ふくらはぎの筋肉を使って

血液を心臓に戻すようなイメージで

動けば良いですね。

ストッキングで血流を促す

弾圧性のストッキングを着用しての

圧迫療法も治療の一環として行われています。

単に締め付けるのではなく、

圧迫することによって血流を促し、

浮腫みを改善するようなストッキングも

医療用でなくても発売されていますね。

そういった足の血流、血行に着目した

ストッキングを使用してみるのも

予防には大いに効果が期待できそうです。

 

【PR】芸能人も愛用!着圧・弾性・加圧ストッキングの決定版!キュットスリム!

 

世界一受けたい授業!下肢静脈瘤予防体操とは?

ふだんから、とにかく足を意識的に動かすこと

が、予防のためには大切。

今回、番組で紹介された下肢静脈瘤を予防する体操は

その名も「ゴキブリ体操」

やり方は簡単!

①仰向けに寝て

両手・両足を真上にあげる。

②そのまま30秒ぶらぶらと小刻みに

両手・両足を動かす

です!
簡単ですね。
これを一日に3セット行うのが理想的。
下肢静脈瘤は遺伝要因もあるとのこと。

自分はまだないけど、

お母さんが、お姉さんが下肢静脈瘤、

という方も要注意です。
便秘になりやすい女性も

便秘の際、いきみ過ぎることで

静脈に負担がかかることで

なりやすいのだとか。
立ち仕事、座りっぱなしの仕事の方は

かかとの上げ下げ運動を1時間に10回は行うといいそうですよ。

ぜひ、お試しください~。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

Captcha loading...
サブコンテンツ

このページの先頭へ